役割

市場

アジアはカジノ収益に好都合


日本はIRターゲット層である富裕層が多い
富裕層人数 (1億円以上) 金融資産量
日本 270万人 660兆円
マカオ 130万人 645兆円
アメリカ 450万人 1560兆円

アメリカでは増設競争の結果、約1000箇所ものカジノ施設の結果、顧客を食い合う悪循環
日本はカジノの施設数限定、道州制による10箇所(シンガポールは2箇所)

  • アジア型,欧州型回転率(客をギャンブル依存症にし、継続させ利益を極大化)
  • ラスベガス型回遊率(米国型商業カジノ...営利極大化を目的ゆえの、巨額投資と維持運営費の大きさで収益面では負担が大きい)


ターゲット

  • シニア(60才以上)
  • パチンコ入場者の多くが年金受給者のシニア層(3514万人: 総人口比 27.7%)

  • ビジネスマン(24-59才)
  • MICE施設→アフターコンベンションのナイトタイムエコノミー

  • 学生(10-24才)
  • VRなどの最新テクノロジーやエンターテイメント(大人向き)

  • 観光客(中国人、韓国人、アジア人、欧米人)
  • 日本特有のIR施設