マカオ


写真引用: Google,IR各種(下記)

中華人民共和国 / 1999年ポルトガルから返還 / 香港(1997年イギリスから返還)と同様に特別行政区 / 人口63万人6千人 / 観光客数3150万人(2014年)

中国に返還される前からギャンブル公認されていた→そのまま合法化
2012年カジノ35箇所: 売り上げ375億ドル(ラスベガスの4倍)
中国本土からの旅行者多数(64.7% + 香港20.4%)
(理由)マネーロンダリング(規制強化後→マニラ)、ジャンケット(金貸与)の存在

  • 中華人民共和国の特別行政区の一つ
  • 1999年までポルトガル植民地
  • カジノ(東洋のラスベガス)や世界遺産を中心とした世界的観光地
  • ドッグレースなどのユニークなギャンブルも存在
  • 2005年:マカオの8つの広場と22の歴史的建造物がマカオ歴史地区という名前でユネスコの世界遺産に

開業年(2000年以降) 施設名
2001 Hotel Lisboa
2004 Sands Macau
2006 Wynn Macau / StarWorld Macau
2007 MGM Macau / Venetian Macau / Altira Macau
2008 Grand Lisboa
2009 City of Dreams
2011 Galaxy Macau
2012 Sands Cotai Central
2015 Studio City Macau
2016 The Parisian Macau / Wynn Palace
2018 MGM Cotai
2019 Grand Lisboa Palace
会社名 カジノ数 ライセンス満期
SJM 22 2020/3/31
MGM 2 2020/3/31
Wynn 2 2022/6/26
Melco 4 2022/6/26
Galaxy 6 2022/6/26
Sands 5 2022/6/26
出来事(歴史)
1847年 カジノを合法化(約160年の歴史)
1999年 マカオ返還
(STDM社の40年間独占支配)
2001年 STDM社のカジノライセンスの期限終了
2002年 カジノ経営権の対外開放
3社に開放するカジノ政策「娯楽場幸運博彩経営法」
STDM→SJM, Wynn, Galaxy
新しいカジノライセンスの付与対象は、競争入札で決定され、経営期間は20年で、最大5年間の延長
マカオ特別行政区は、より一層の競争を促すため、サブライセンスを発行
Las Vegas Sands(Galaxyのサブライセンス)
MGM(SJMのサブライセンス)...STDM社の何鴻榮(スタンレー・ホー)の長女・何超瓊(パンジー・ホー)
Melco(Wynnのサブライセンス)... 長男・何猷龍(ローレンス・ホー)

マカオのIR